会社紹介
 

SCANPAN(スキャンパン) - Made in Denmark

スキャンパンは、世界をリードする調理器具ブランドの一つとして数えられています。


基本理念

スキャンパンは、ご家庭、そしてプロのシェフのために、伝統技術と最新の技術で、機能性が高く、末永くご愛用頂ける調理器具を作り続けています。1956年からデンマークで作り続け、創業当初から続く高密度アルミボディの優れた調理性能を核に、現在では最高の耐久性を誇るチタン加工、そして、安全なPFOAフリーの次世代ノンスティック加工とともにお届けしています。


環境に配慮した調理器具

スキャンパンは、環境に対する配慮においても努力を惜しみません。すべての鋳造アルミニウム製品は、再利用された資源でのみ作られています。そのため、新たな地球の資源を必要としていません。 液状に溶かされたアルミニウムは、手作業で金型に流し込まれ、250トンの力で鋳造されます。その後に、30,000℃に熱せられた液状のチタンを音速の2倍もの速度で表面に加工し、アルミニウムとチタンを一体化させます。ノンスティック加工が施され、硬化されます。この特殊な技術により、最高の耐久性と完全な熱の伝わりを調理面全面で実現しています。品質管理は、製造過程すべてで行っています。

現在の製品では、100% PFOA/PFOSフリーのノンスティック加工を開発し、すべての製品に適用しています。特許のチタン加工技術と組み合わさり、最前線を進む技術となっています。


スキャンパン社

スキャンパンは、現在45か国へ輸出を行っており、デンマーク以外の販売が75%となっています。100%デンマーク人出資の会社で、本社、工場はすべてデンマーク第2の都市オーフス近郊にあります。フィンランド、ノルウェー、シンガポール、中国、そしてアメリカにも支社を設けています。